業務用カラオケと著作権:法律と契約について

著作権とJASRAC

何か(著作物)を作った時に、その作者に対して与えられる権利に「著作権」があります。著作権があるものに対して、作者以外の人がそれを真似るなどした場合は著作権侵害」ということになってしまいます。

著作権は、さまざまな作品に対して発生しますが、たとえば、目に見える形としてはわかりづらい「音楽」なども、著作権の対象となります。作者が作曲をした音楽に関する著作権を守ってくれるしくみとして存在しているのが「JASRAC(ジャスラック)」です。

JASRACは、楽曲を制作する作曲家など、著作権を持つ「権利者」から、楽曲に対してつけられている著作権を預かり、管理をおこなってくれるというしくみです。音楽を利用する場合には、利用者が作曲家に対して著作権料を支払うのですが、さまざまな場面で使用される音楽は、利用されるたびに著作権料を支払ってもらわなければならず、その管理が非常に面倒になります。

JASRACはそうした面倒を排除するために、著作者に代わって著作権料の回収や分配を行うというわけです。

カラオケと著作権料

普段意識することはあまりないかもしれませんが、実は私たちが娯楽として楽しんでいる「カラオケ」にも著作権がからんできます。

カラオケボックスや飲食店など、さまざまな場面でカラオケを利用することがありますよね。カラオケボックスや飲食店では、楽曲を使用して利益を出すということから、著作権料を支払う必要があります。カラオケボックスや飲食店では、基本的に業務用カラオケと呼ばれるカラオケマシンを使用しているかと思います。

そのため業務用カラオケを利用する場合にはJASRACへ事前申請を行い、カラオケ楽曲に対する著作権料の申し込みを行う必要があります。